今年は佐々木フィーバー 昨年注目新人だった吉田輝星は今

公開日: 更新日:

 立ち投げのブルペン投球だけで、話題を呼ぶロッテ佐々木朗希(大船渡)。18日は、沖縄セルラーで計44球。最速163キロ右腕の投球は、見る者を一様に驚かせる。そんな中、昨年の注目新人はどうしているのか。

 2018年夏の甲子園で金足農旋風の立役者となった日本ハム吉田輝星(19)は昨季、1勝にとどまった。15日の紅白戦で1回無失点。昨年の同戦で最速146キロだった速球は、148キロをマークし、「この時期に球速が出たので良かったと思う。栗山監督は『2年目だからとか関係ない』とよく言っているように、一軍の優勝のピースになりたい。ウカウカしていられないので、しっかり練習したい」と、一軍定着を目標に掲げている。

 紅白戦で投げ合ったドラフト1位の河野(JFE西日本)が直後に一軍昇格した一方、吉田輝は二軍帯同が継続。昨秋、右肘に違和感が出て、オフの投げ込み量をセーブしていたことも影響しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る