今年は佐々木フィーバー 昨年注目新人だった吉田輝星は今

公開日: 更新日:

 立ち投げのブルペン投球だけで、話題を呼ぶロッテ佐々木朗希(大船渡)。18日は、沖縄セルラーで計44球。最速163キロ右腕の投球は、見る者を一様に驚かせる。そんな中、昨年の注目新人はどうしているのか。

 2018年夏の甲子園で金足農旋風の立役者となった日本ハム吉田輝星(19)は昨季、1勝にとどまった。15日の紅白戦で1回無失点。昨年の同戦で最速146キロだった速球は、148キロをマークし、「この時期に球速が出たので良かったと思う。栗山監督は『2年目だからとか関係ない』とよく言っているように、一軍の優勝のピースになりたい。ウカウカしていられないので、しっかり練習したい」と、一軍定着を目標に掲げている。

 紅白戦で投げ合ったドラフト1位の河野(JFE西日本)が直後に一軍昇格した一方、吉田輝は二軍帯同が継続。昨秋、右肘に違和感が出て、オフの投げ込み量をセーブしていたことも影響しているようだ。

 加藤二軍投手コーチは「去年は変化球を投げる際に腕の振りが緩んでいたが、振れるようになってきたのは進化」と一定の評価を下しつつも、こう課題を口にした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた