今年は佐々木フィーバー 昨年注目新人だった吉田輝星は今

公開日: 更新日:

 立ち投げのブルペン投球だけで、話題を呼ぶロッテ佐々木朗希(大船渡)。18日は、沖縄セルラーで計44球。最速163キロ右腕の投球は、見る者を一様に驚かせる。そんな中、昨年の注目新人はどうしているのか。

 2018年夏の甲子園で金足農旋風の立役者となった日本ハム吉田輝星(19)は昨季、1勝にとどまった。15日の紅白戦で1回無失点。昨年の同戦で最速146キロだった速球は、148キロをマークし、「この時期に球速が出たので良かったと思う。栗山監督は『2年目だからとか関係ない』とよく言っているように、一軍の優勝のピースになりたい。ウカウカしていられないので、しっかり練習したい」と、一軍定着を目標に掲げている。

 紅白戦で投げ合ったドラフト1位の河野(JFE西日本)が直後に一軍昇格した一方、吉田輝は二軍帯同が継続。昨秋、右肘に違和感が出て、オフの投げ込み量をセーブしていたことも影響しているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る