佐々木が剛球連発も…ロッテが心配な腕の振りと細マッチョ

公開日: 更新日:

 腕を振るたびに、感嘆のため息が漏れた。ロッテ佐々木朗希(大船渡)が15日、中日のキャンプ地である沖縄・北谷で捕手を立たせてキャンプ2度目のブルペン入り。吉井投手コーチが設定した約5分間、早めのテンポで24球を投げ込んだ。

 見学した吉見、山井ら10人以上の中日投手陣が一様に目を白黒させたのは163キロを投げられる基盤になっている腕の振りの速さ。「早く一軍の試合で投げる姿が見たい」という声が日増しに多くなるのも当然だろう。

 それでも、ロッテのフロントや首脳陣は佐々木を慎重に育てる方針を崩していない。キャンプ期間の半分以上が過ぎた今も、捕手を座らせてのブルペン投球は一度もないのだ。

「佐々木の腕の振りの速さは、もろ刃の剣といっていい」とは、さるロッテOB。

「大船渡高3年時の昨年4月、佐々木はU18合宿で163キロを投げた。周囲に刺激され、思わず力が入ったそうですが、実は登板後に上腕部に張りが出たというのです。腕の振りが速すぎるがゆえの“副作用”でしょう。その後、佐々木は医師の診断を受け、大船渡高校の国保監督が、『スピードに耐えられる骨、筋肉、関節、靱帯ではない』と発言。しばらくの間、全力投球が禁止された。プロ入り後も、キャッチボールだけでチーム内の誰しもが能力の高さを認めているものの、佐々木の腕の振りにはリスクが潜む。フロント、首脳陣が慎重な姿勢を崩さないのはそのためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  4. 4

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  7. 7

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る