佐々木が剛球連発も…ロッテが心配な腕の振りと細マッチョ

公開日: 更新日:

 腕を振るたびに、感嘆のため息が漏れた。ロッテ佐々木朗希(大船渡)が15日、中日のキャンプ地である沖縄・北谷で捕手を立たせてキャンプ2度目のブルペン入り。吉井投手コーチが設定した約5分間、早めのテンポで24球を投げ込んだ。

 見学した吉見、山井ら10人以上の中日投手陣が一様に目を白黒させたのは163キロを投げられる基盤になっている腕の振りの速さ。「早く一軍の試合で投げる姿が見たい」という声が日増しに多くなるのも当然だろう。

 それでも、ロッテのフロントや首脳陣は佐々木を慎重に育てる方針を崩していない。キャンプ期間の半分以上が過ぎた今も、捕手を座らせてのブルペン投球は一度もないのだ。

「佐々木の腕の振りの速さは、もろ刃の剣といっていい」とは、さるロッテOB。

「大船渡高3年時の昨年4月、佐々木はU18合宿で163キロを投げた。周囲に刺激され、思わず力が入ったそうですが、実は登板後に上腕部に張りが出たというのです。腕の振りが速すぎるがゆえの“副作用”でしょう。その後、佐々木は医師の診断を受け、大船渡高校の国保監督が、『スピードに耐えられる骨、筋肉、関節、靱帯ではない』と発言。しばらくの間、全力投球が禁止された。プロ入り後も、キャッチボールだけでチーム内の誰しもが能力の高さを認めているものの、佐々木の腕の振りにはリスクが潜む。フロント、首脳陣が慎重な姿勢を崩さないのはそのためです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る