Bジェイズ山口は開幕ローテ窮地 初の救援登板で3被弾4失点

公開日: 更新日:

 ブルージェイズ・山口俊(32)が5日のフィリーズ戦に登板し、2回3分の1を3本塁打含む5安打4失点(1三振、2四球)と打ち込まれた。

 三回に2番手でマウンドに上がった山口は先頭打者に四球を出しながら、併殺で切り抜ける上々の立ち上がりを見せた。

 しかし、四回、先頭ホスキンスに左翼スタンドに叩き込まれると、五回には長距離砲のハーパーにも一発を浴びるなど、2本塁打を許し、予定の3イニングを持たずに降板。初めての救援マウンドで結果を残せなかった。

 試合後の山口は「結果打たれているけど、感覚をつかんだというか、次につながる打たれ方。(ブレーブス相手に3分の2回を3安打3失点だった)初登板とは訳が違う」と、強気な姿勢を崩さなかった。先発5番手を争う立場だが、山口はローテ入りから一歩後退か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  6. 6

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  7. 7

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  8. 8

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

  9. 9

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  10. 10

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

もっと見る