Bジェイズ山口は開幕ローテ窮地 初の救援登板で3被弾4失点

公開日: 更新日:

 ブルージェイズ・山口俊(32)が5日のフィリーズ戦に登板し、2回3分の1を3本塁打含む5安打4失点(1三振、2四球)と打ち込まれた。

 三回に2番手でマウンドに上がった山口は先頭打者に四球を出しながら、併殺で切り抜ける上々の立ち上がりを見せた。

 しかし、四回、先頭ホスキンスに左翼スタンドに叩き込まれると、五回には長距離砲のハーパーにも一発を浴びるなど、2本塁打を許し、予定の3イニングを持たずに降板。初めての救援マウンドで結果を残せなかった。

 試合後の山口は「結果打たれているけど、感覚をつかんだというか、次につながる打たれ方。(ブレーブス相手に3分の2回を3安打3失点だった)初登板とは訳が違う」と、強気な姿勢を崩さなかった。先発5番手を争う立場だが、山口はローテ入りから一歩後退か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る