山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

魅力的なチームが多い中…私はなぜ阪神ファンのままなのか

公開日: 更新日:

 なんというか、阪神がパッとしない。ここまでのチーム成績が良くないのはもちろんだが、それ以上に試合を見ていて胸が躍るというようなことがめっきり減った。

 開幕戦の西勇輝の活躍も七回の交代(からの逆転負け)によって興をそがれ、糸井嘉男がいくら打っても心のどこかで38歳という年齢を案じてしまう。外国人トリオMBS(マルテ&ボーア&サンズ)の「打つ打たない問題」もそうだ。関西の情報ワイド番組では毎日のようにこの問題を取り上げて喧々囂々とやっているが、私はいまいち気分が乗ってこない。

■TVタレントがボーアを語る光景

 なにしろ、ボーアの触れ込みは、もう何人目になるかわからない「バースの再来」である。時は令和2年。テレビ局のスタジオでは40~60代の関西タレントたちが30年以上も前の奇跡を引き合いに出しながら、ボーア問題を冗談めかして語る。この光景は多くの阪神ファンの目にどう映っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    阪神“無期限二軍”藤浪トレード再燃…野手獲得の交換要員か

もっと見る