守護神受難のセで失敗なしだが…巨人デラロサにも弱点あり

公開日: 更新日:

 開幕9試合を終えたプロ野球でセ・リーグの抑え投手が苦しんでいる。

 21日のDeNA戦で、広島の新守護神テイラー・スコット(28)が1―0の九回に登板。先頭のソトから4連打で1死も取れずにサヨナラ負け。25日には阪神藤川球児(39)が1点リードの九回にヤクルトの西浦にサヨナラ3ランを浴びた。26日にはヤクルトの石山泰稚(31)が巨人の重信に逆転2ランを打たれ、1点差を守れず。27日にはDeNAの山崎康晃(27)が1点リードの九回2死走者なしから突如崩れ、阪神の新助っ人のサンズに逆転3ランを左翼席に運ばれた。

 セで失敗がないのは2球団だけ。とはいえ、中日岡田俊哉(28)はヤクルトとの開幕カードで2セーブを挙げているものの、2点差、3点差での登板。1点差のしびれる場面ではまだ投げていない。その点、巨人のルビー・デラロサ(31)は4試合に登板して無失点。これまでの3セーブはいずれも1点差を逃げ切ったものだ。昨季終盤から抑えに固定され、8セーブ。原監督に「救世主」と感謝された安定感を誇っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る