山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

公開日: 更新日:

 開幕から3カード9試合を終え、6勝2敗1引き分けでセ・リーグの首位を走る巨人。開幕早々、楽天との交換トレードにより、年俸1450万円の池田を放出し、同2億円のウィーラーを獲得するなど、カネに糸目をつけない補強で今季の過密日程を見据える。

 しかし、今オフはこんなものでは済まないともっぱらだ。FA戦線に大物が参戦する可能性があるからだ。

 まずはヤクルト山田哲人(27)である。2015、16、18年に「3割・30本塁打・30盗塁」を達成。3度のトリプルスリーは史上初である。昨オフの契約更改時に球団から複数年契約を提示されたものの、「FA権を取得するまで単年でいくと自分の中で決めていた」と迷いなく突っぱね、単年契約の年俸5億円でサイン。「FA宣言するかもしれないし、しないかもしれない。でも(権利を)取得することで選択肢は増える」と含みを持たせているのだ。球界を代表する打者だけに、FA権を行使するようなら大争奪戦は必至。「いや、手を挙げられるのは資金力がある一部の球団だけでしょう」と球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る