山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

公開日: 更新日:

 開幕から3カード9試合を終え、6勝2敗1引き分けでセ・リーグの首位を走る巨人。開幕早々、楽天との交換トレードにより、年俸1450万円の池田を放出し、同2億円のウィーラーを獲得するなど、カネに糸目をつけない補強で今季の過密日程を見据える。

 しかし、今オフはこんなものでは済まないともっぱらだ。FA戦線に大物が参戦する可能性があるからだ。

 まずはヤクルト山田哲人(27)である。2015、16、18年に「3割・30本塁打・30盗塁」を達成。3度のトリプルスリーは史上初である。昨オフの契約更改時に球団から複数年契約を提示されたものの、「FA権を取得するまで単年でいくと自分の中で決めていた」と迷いなく突っぱね、単年契約の年俸5億円でサイン。「FA宣言するかもしれないし、しないかもしれない。でも(権利を)取得することで選択肢は増える」と含みを持たせているのだ。球界を代表する打者だけに、FA権を行使するようなら大争奪戦は必至。「いや、手を挙げられるのは資金力がある一部の球団だけでしょう」と球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る