著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

プロ野球開幕で改めて実感 阪神和製大砲出現への険しい道

公開日: 更新日:

 プロ野球がなんとか開幕した。早速、ソフトバンク柳田悠岐ヤクルト山田哲人広島鈴木誠也といった当世を代表する大スラッガーたちが豪快なホームランを放ち、あらためて野球における長打の魅力を感じさせられた。3人とも千両役者だな、と思う。強烈な弾丸ライナーも、美しい放物線も、彼らが放つそれは華が違う。

 一方、我が阪神にはそういう千両役者たる生え抜きの和製大砲が掛布雅之引退以降、30年以上も現れない。ただし、その潜在能力を期待されたものの、大成せずに終わった「未完の大砲」なら過去に何人も現れた。そこで前稿では2000年以降の未完の大砲を振り返ったわけだが、これはその前の90年代にも当てはまる虎の傾向だった。

■期待の高校生も巨漢選手も不発

 まず思い浮かぶのは、なんといっても91年のドラフト1位・萩原誠だろう。彼については過去に何度か取り上げたので詳細は割愛するが、背番号31を与えられたことからもその期待値がよくわかる。しかし、高校時代は世代屈指の長距離砲として知られた萩原もプロでは中距離打者の域を出ず、二軍では93年に打点王、96年に首位打者を獲得したものの、一軍では大成しなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路