広島新庄・下志音“三拍子”揃う逸材…それでも足りないもの

公開日: 更新日:

下 志音(広島・広島新庄/右翼手)

「打撃の構えは西武森友哉(25)と似ていて重心が低く、左足に体重を乗せている。体は大きくないけど、下半身が強くて馬力があるのが良いですね。ただ……」

 甲子園交流試合2日目の11日。第1試合(対天理)に3番・右翼手で出場、六回に中前打を放った下志音についてこう言うのはネット裏のあるスカウト。4打数1安打、1死球の結果はともかく、ドラフト候補としての評価は割引が必要なようだ。

「プロの世界では体が大きくて、パワーのあるホームランバッターが三塁手や外野手を務めます。下はそういうタイプではない。かといってグラブさばきを見る限り、柔らかさの必要なセカンドやショートはどうか。高卒ではドラフトにかかるか分かりませんが、それでも大学なら引く手あまたではないか。4年間じっくりと鍛えれば、プロに行けるだけの素質は十分あると思います」

 50メートル5・9秒の足に遠投110メートルの肩。昨秋の公式戦は12試合で3本塁打、打率・578をマークした。それでも「進学するのがベター」とこのスカウトはみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る