大坂なおみ全豪2年ぶり4強入り 2度目の制覇に視界良好

公開日: 更新日:

 これまでの対戦成績は4勝1敗ながら、4試合はフルセットの接戦。ドロップショットを多用するなどトリッキーな攻めに苛立つシーンも目立ったものの、この日はそんな難敵を1時間6分でいとも簡単にやっつけたのが大坂なおみ(23=世界ランク3位)だ。

 昨16日の全豪オープンテニス準々決勝で、台湾の謝淑薇(35=同71位)を6―2、6―2のストレートで下し、2年ぶりの4強入りを決めた。

「リターンが良かったと言われますが、それ以上に良かったのはサーブでしょう」と、スポーツライターの武田薫氏がこう言った。

「大坂の最大の武器は200キロ前後のビッグサーブです。相手にとってはこれが最も脅威。4回戦のムグルサ戦もそうだったように、200キロ前後の威力あるサーブを、大事なポイントでしっかりと決められているのが大きい。リターンも含めて落ち着いてプレーできているのは、フィセッテコーチやマネジメントを含めたチーム体制がよいのだと思う。コロナによる自粛期間中も、しっかりと練習をしたのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る