錦織「負けそうで負けた」全豪初戦敗退…体と頭の現在地

公開日: 更新日:

 錦織圭(31=世界ランク42位)は、「勝てそうで勝てないけど、負けそうで負けない」と言われる。

 試合結果は最後まで分からない。そんな意外性の根っこにあるのは独特の粘り強さであり、豊富な経験に裏打ちされた技術だろう。

 だとすれば、錦織が本来の姿を取り戻すにはまだまだ時間が必要ということか。8日に行われた全豪オープンテニス1回戦はカレノブスタ(29=同16位)に5―7、6―7、2―6のストレート負け。全豪の初戦敗退は2009年以来、実に12年ぶりだ。

 この日はサービスエースを決めるなど順調な立ち上がり。第1セットは僅差、第2セットはタイブレークまでいって落とした。0―2と追い込まれたものの、好調時の錦織なら「負けそう」なここから見せ場をつくったはずだ。

 しかし、いまの錦織は現状を覆すだけの体力も経験も不足している。第3セットは疲労の色がアリアリで、一方的な展開で押し切られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る