原監督お気に入り 巨人は今後も楽天とドミニカを草刈り場

公開日: 更新日:

 巨人がドミニカ共和国から16歳の選手2人を獲得した。

 23日にフリアン・ティマ外野手、ホセ・デラクルーズ内野手と育成選手契約を結んだと発表。両選手は、2019、20年に巨人が現地で行ったトライアウトを受験していた。

■助っ人は「カープ方式」

 ドミニカ共和国といえば、現地にアカデミーを持つ広島だ。ジャパニーズドリームを掴むには、まずアカデミーと契約。能力が認められると、練習生として来日し、秋季キャンプに参加する。合格すれば、育成契約に移行。支配下登録を目指すという道のりだ。守護神フランスアらがこのルートで活躍している。形は違えど、巨人も「カープ方式」を取り入れるということだ。

「背景には、獲得した外国人、特に野手がなかなか当たらない巨人の事情がある。ドミニカ市場で独壇場だった中日は森前監督が辞任して以来、キューバにシフトチェンジしつつある。メジャー球団のアカデミーが契約しない2番手クラスを広島と巨人が取り合う構図です」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る