山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

公開日: 更新日:

 大リーグのジャイアンツは日本時間21日、ブルージェイズを自由契約となった山口俊(33)とマイナー契約を結んだことを発表した。米メディアによると、メジャーに昇格すれば、マイナーからメジャー契約に切り替わるスプリット契約だという。招待選手としてメジャーキャンプに参加し、26人の開幕メジャーロースター入りを目指す。

 1年目の昨年はリリーフとして17試合に登板し、2勝4敗、防御率8・06。期待外れの成績に終わり、日本時間11日にブルージェイズのメジャー40人枠から外れ、自由契約となっていた。昨季、巨人が初めて認めたポスティングシステムで移籍した際、2年総額約6億6700万円の契約を結んでおり、今季の年俸はブルージェイズが負担する。

 一方、古巣・巨人はガッカリである。2019年に15勝4敗の成績で5年ぶりのリーグ制覇に貢献した山口の復帰の道を探っていたからだ。さる米球界関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    巨人原・桑田の完投倍増計画 守護神離脱でもビクともせず

もっと見る