秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

公開日: 更新日:

 ヤクルトは1995年の日本シリーズでオリックスを4勝1敗で倒した。キーマンのイチローを封じ、93年に続き日本一。その後のビールかけで“事件”は起きた。

 ヤクルトが東京で優勝した場合、ホテルニューオータニのプールサイドで行うのが恒例だった。ナインはプールに飛び込んだり、はしゃぎまくったが、プールサイドは危険がいっぱい。たまたま押されて倒れた場所に、割れたビール瓶があったから大変だ。瓶の破片が私の尻と太腿裏の付け根部分にズボッと刺さってしまった。大流血したが、ビールかけの最中だけに、周辺にいた数人しか気付いていない。せっかくのイベントなのに水を差したくない。救急車は呼んだものの、サイレンを消してもらい、中座してこっそり乗り込むと、慶応病院へ向かった。

 10針を縫う大ケガだった。手当てしてくれた医師にはこう言われた。

「危なかったですね。脂肪が多いところだから良かったけど、もうちょっとで神経まで届いていましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る