秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

公開日: 更新日:

 読み通り、西武の守護神・潮崎哲也の内角スライダーに私の体が反応した。打球はライナーで右翼ポール際へ飛び込むサヨナラ本塁打となった。1992年の日本シリーズ第6戦のことだ。

 西武圧倒的有利の下馬評を覆し、6試合で3勝3敗。そのうち3試合が延長戦にもつれ込むという接戦が続いた。迎えた最終第7戦。ヤクルトは1―1の七回裏1死満塁で、代打・杉浦享さんが一、二塁間にゴロを放った。左腕を伸ばして捕球した辻発彦二塁手が一回転してバックホーム。三塁走者の広沢克己(現・克実)のスタートが遅れ、本塁で憤死した。絶好の勝ち越しのチャンスを逃すと、延長十回に1点を失い、1―2で敗れた。

 サヨナラ本塁打を打っても満足感はなかった。組織力、個人の能力、精神面の差を感じた敗戦でもあった。

 3連覇を達成した西武は常勝球団で、日本一になるのが目的だ。一方のヤクルトはセ・リーグで優勝することを目標に戦っていた。メンタリティーの違い、日本一になるという思いが、最後の1点の差となったのだ。これはとてつもなく重く、大きい。神宮球場の一塁側ベンチで、森祇晶監督が宙を舞う姿を見ていると、リーグ優勝までかき消された気がして、涙が止まらなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る