佐藤輝の躍動で阪神開幕3連勝 優勝への不安材料は矢野采配

公開日: 更新日:

 こりゃあ、期待もしたくなる。

 28日、阪神ヤクルトに勝利し、開幕3連勝。投打がガッチリとかみ合う中、改めて存在感を見せたのが黄金ルーキーの佐藤輝明(近大)である。

 オープン戦で12球団最多の6本塁打をマークした佐藤は、この日こそ無安打に終わったが、開幕戦でプロ初打点を挙げると、2戦目にプロ初アーチをバックスクリーンに叩き込み、周囲の度肝を抜いた。オープン戦最終戦を疲労で欠場するなど、体調面を懸念する声がある中でも、結果を出すところが並の新人ではない。

■「見逃し方が素晴らしい」

 2戦目にNHKBSで解説をしていた元ヤクルトの宮本慎也氏と元阪神の藤川球児氏は、「打席での見逃し方が素晴らしい」と指摘していた。投手から視線をそらさず、ボールが捕手のミットに届くところを確認することもない。投手からすると、自信をもって見逃されていると感じるという。そうした打席での振る舞いが新人離れしているというわけだ。

 ルーキーの加入で打線の厚みが増した阪神は、3試合で計21得点と爆発。以前から投手力は高い上に、開幕投手を務めた藤浪が復活の兆しを見せた。コロナ禍の影響で来日が遅れている新助っ人のロハス・ジュニア外野手、アルカンタラ投手が加われば、鬼に金棒ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る