羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

公開日: 更新日:

 先週の女子ツアー「フジサンケイレディス」は稲見萌寧が今年に入って早くも4勝目をマーク。

 開幕戦から8試合に出場して勝率は実に50%になります。

 勝ち方も逆転あり、プレーオフあり、逃げ切りあり、といろいろなパターンがあって、自分がやろうとすることがすべてイメージ通りにでき、モチベーションが高いのだと思います。

 プロの世界では1勝するだけでも大変です。勝てば、シード権が確定し、オフから取り組んだトレーニングやスイング改造の結果が出て、とりあえず「よかった」とホッとするものです。

 ところが、1勝に満足することなく、さらに上を目指しているのが、今の稲見の勢いにつながっているのでしょう。

 会場の川奈ホテルGC富士Cはかつて男子ツアー「フジサンケイ」の舞台でもあり、コースはアップダウンがあり、風が吹き、コーライ芝の砲台グリーンとタフです。稲見の優勝スコアは通算12アンダーと、ただ一人だけ2ケタアンダーをマーク。試合の中で、これまで積み重ねてきた自分のスイングをすれば、結果はおのずとついてくるという自信が見られます。不安がない時は、どんなシビアなポジションにピンが切られていても、逃げることなく攻めていけます。ショットメーカーであり、グリーンに乗せて、パットが入ればスコアをつくるのは、さして難しいことではありません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  2. 2

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  3. 3

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  4. 4

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  5. 5

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  6. 6

    植山直人氏「政府は命をなんだと思っているのでしょうか」

  7. 7

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  8. 8

    下戸の野口修が山口洋子の「姫」に足しげく通った理由

  9. 9

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  10. 10

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

もっと見る