稲見萌寧が逆転V 安定スイング生んだキックBOXトレの効果

公開日: 更新日:

【ヤマハレディースオープン葛城】最終日

「今年は複数回優勝が目標だったので、よかったです」

 首位に3打差の6位発進の稲見萌寧(21)。雨の中66で回り、上位陣を逆転。2020―21年シーズンで3勝目、通算4勝目を挙げた。

 今年の稲見はスイングの軸がブレずに球筋が安定しているのが強みだ。

 それはオフに、あるジムの門をたたいたおかげだ。

 稲見はインターネットで自宅から車で20分で通えるパーソナルトレーニングジム「トランスフォーム」(千葉市)を見つけ、自ら連絡。元キックボクサーの平野洋平氏の指導を受けている。

 平野氏が言う。

「正月明け早々、筋力アップを求めてジムにやって来ました。スタミナと飛距離アップが狙いと言ってました。まず、ボクシンググローブをつけてのパンチやキックをやってもらいました。『これならいけそうです』という感想でした。私はゴルフのことはよくわかりません。スイングの映像を見て、体の動きからゴルフに効果がありそうなトレーニングを考えました。ボクシンググローブをつけてのパンチやキックは腕や脚だけでなく、全身を使います。体をねじるので、腹斜筋(脇腹)を鍛えることができます。スイングに重要な筋肉です。同時に踏み込むので、ゴルフスイングに必要な地面を蹴る力(地面反力)も養えます。バーベルなどを使ったウエートトレーニングも行い、下半身、背中、体幹をメインにローテーションで鍛えました。オフは週に5、6回ジムに来ていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る