稲見萌寧が逆転V 安定スイング生んだキックBOXトレの効果

公開日: 更新日:

【ヤマハレディースオープン葛城】最終日

「今年は複数回優勝が目標だったので、よかったです」

 首位に3打差の6位発進の稲見萌寧(21)。雨の中66で回り、上位陣を逆転。2020―21年シーズンで3勝目、通算4勝目を挙げた。

 今年の稲見はスイングの軸がブレずに球筋が安定しているのが強みだ。

 それはオフに、あるジムの門をたたいたおかげだ。

 稲見はインターネットで自宅から車で20分で通えるパーソナルトレーニングジム「トランスフォーム」(千葉市)を見つけ、自ら連絡。元キックボクサーの平野洋平氏の指導を受けている。

 平野氏が言う。

「正月明け早々、筋力アップを求めてジムにやって来ました。スタミナと飛距離アップが狙いと言ってました。まず、ボクシンググローブをつけてのパンチやキックをやってもらいました。『これならいけそうです』という感想でした。私はゴルフのことはよくわかりません。スイングの映像を見て、体の動きからゴルフに効果がありそうなトレーニングを考えました。ボクシンググローブをつけてのパンチやキックは腕や脚だけでなく、全身を使います。体をねじるので、腹斜筋(脇腹)を鍛えることができます。スイングに重要な筋肉です。同時に踏み込むので、ゴルフスイングに必要な地面を蹴る力(地面反力)も養えます。バーベルなどを使ったウエートトレーニングも行い、下半身、背中、体幹をメインにローテーションで鍛えました。オフは週に5、6回ジムに来ていました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走