稲見萌寧が逆転V 安定スイング生んだキックBOXトレの効果

公開日: 更新日:

【ヤマハレディースオープン葛城】最終日

「今年は複数回優勝が目標だったので、よかったです」

 首位に3打差の6位発進の稲見萌寧(21)。雨の中66で回り、上位陣を逆転。2020―21年シーズンで3勝目、通算4勝目を挙げた。

 今年の稲見はスイングの軸がブレずに球筋が安定しているのが強みだ。

 それはオフに、あるジムの門をたたいたおかげだ。

 稲見はインターネットで自宅から車で20分で通えるパーソナルトレーニングジム「トランスフォーム」(千葉市)を見つけ、自ら連絡。元キックボクサーの平野洋平氏の指導を受けている。

 平野氏が言う。

「正月明け早々、筋力アップを求めてジムにやって来ました。スタミナと飛距離アップが狙いと言ってました。まず、ボクシンググローブをつけてのパンチやキックをやってもらいました。『これならいけそうです』という感想でした。私はゴルフのことはよくわかりません。スイングの映像を見て、体の動きからゴルフに効果がありそうなトレーニングを考えました。ボクシンググローブをつけてのパンチやキックは腕や脚だけでなく、全身を使います。体をねじるので、腹斜筋(脇腹)を鍛えることができます。スイングに重要な筋肉です。同時に踏み込むので、ゴルフスイングに必要な地面を蹴る力(地面反力)も養えます。バーベルなどを使ったウエートトレーニングも行い、下半身、背中、体幹をメインにローテーションで鍛えました。オフは週に5、6回ジムに来ていました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声