イニエスタは年俸半減でも大満足 神戸残留とコロナの関係

公開日: 更新日:

 J1神戸は11日、今季で3年契約が切れる元スペイン代表MFイニエスタ(37)と「2023年まで2年の契約延長で合意した」と発表した。

 神戸は公式ホームページで「イニエスタ選手に関する重要な記者会見」を「11日午後2時から公式YouTubeチャンネルにて無料配信する」と告知。母国スぺインでも「謎めいた記者会見が行われる。(現役を)継続? それとも引退か?」と報じられるなど注目を集め、世界中で5万人近くが「Rakuten」の文字の入ったボードの前でコメントする三木谷氏(楽天会長兼社長)とイニエスタの姿を注視した。

 この日、37回目の誕生日を迎えたファンタジスタは「新たに始まる挑戦にワクワクしている。3年前の熱き思いで、これからの2年間も全力を尽くしたい」とコメント。古巣バルセロナのフロント入りなどの噂が飛び交う中、日本で現役を続行することにしたのは「新型コロナ」も関係している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る