イニエスタ、ビジャに続き…神戸バルサ化“第三の矢”は誰だ

公開日:

 MFイニエスタ(34)よりも日本での知名度は低いとはいえ、何と言っても「スペイン代表歴代最多得点者」にして「2008年ユーロと10年南アW杯の得点王」。そんな凄まじい実績を誇るFWビジャが、バルセロナ時代の僚友イニエスタが所属する神戸入りすることになった。37歳とトウは立っているが、前所属の米MLSニューヨーク・シティーでもゴールを量産。点取り屋としての感覚はまだサビついていない。

「これで神戸のオーナー三木谷・楽天会長の推進する<神戸のバルサ化>は終わりではない」とは某サッカー関係者だ。

「前線にビジャ、中盤にイニエスタときて守備の要としてバルサDFピケ(31)が、神戸入りのタイミングを計っている状況です。三木谷会長とDFピケと妻である大物女性歌手シャキーラは、お互いの別荘を行き来するほどの間柄。早ければスペインリーグが終了する来年5月下旬以降、神戸への移籍話が具体化していくことでしょう」

 三木谷オーナーの抱いている野望は「バルサのようなパスサッカーでアジアのクラブ王者に君臨する」である。そのための「三の矢」が、まだ控えているというワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る