イニエスタ、ビジャに続き…神戸バルサ化“第三の矢”は誰だ

公開日: 更新日:

 MFイニエスタ(34)よりも日本での知名度は低いとはいえ、何と言っても「スペイン代表歴代最多得点者」にして「2008年ユーロと10年南アW杯の得点王」。そんな凄まじい実績を誇るFWビジャが、バルセロナ時代の僚友イニエスタが所属する神戸入りすることになった。37歳とトウは立っているが、前所属の米MLSニューヨーク・シティーでもゴールを量産。点取り屋としての感覚はまだサビついていない。

「これで神戸のオーナー三木谷・楽天会長の推進する<神戸のバルサ化>は終わりではない」とは某サッカー関係者だ。

「前線にビジャ、中盤にイニエスタときて守備の要としてバルサDFピケ(31)が、神戸入りのタイミングを計っている状況です。三木谷会長とDFピケと妻である大物女性歌手シャキーラは、お互いの別荘を行き来するほどの間柄。早ければスペインリーグが終了する来年5月下旬以降、神戸への移籍話が具体化していくことでしょう」

 三木谷オーナーの抱いている野望は「バルサのようなパスサッカーでアジアのクラブ王者に君臨する」である。そのための「三の矢」が、まだ控えているというワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る