• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

スペイン代表イニエスタ 多くの選択肢から最良の一手選択

 バルセロナを退団するに当たって「これまでやってきたプレーをバルセロナでは見せられなくなった」と話したMFイニエスタだが、ロシアW杯に出場する強豪スペイン代表のレギュラーを張っているわけだし、その実力に陰りが見えているとは思えない。というよりも、プレーの質自体は変わっていないし、たとえばキレなどは昨シーズンよりも上だと思う。

 年齢的なこともあり、90分間を通して一度もミスしない、ボールロストしない、緩慢な動きは見せない――ということが難しくなっているのは確か。しかしながらイニエスタの持ち味である「思ったところに想定外のタイミングでボールを出せる」プレーは健在だ。まだまだ十分に世界のトップレベルにある。

 彼の良さに「多くの選択肢の中から最良の一手を瞬時に判断する」ことも挙げられる。スパイクのアウトサイド、インサイド、足裏を使いながらボールを保持し、相手DFの予測不能のタイミングでスパッと味方選手に絶妙パスを送り、そしてゴールにつなげていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る