本田圭佑が“格下”アゼルバイジャンに流れ着いた本当の理由

公開日: 更新日:

 アゼルバイジャン1部ネフチ・バクーに所属する元日本代表MF本田圭佑(34)が、3日の移籍後初ゴールに続いて現地8日にもゴールを決め、2試合連続で存在感を強烈アピールだ。

 敵地でのサバイル戦にスタメン出場の本田は後半27分、相手ゴール前でコボレ球に反応。利き足の左足で<倒れ込みシュート>を決め、チームの4―0快勝に貢献した。

 本田が熱望する東京五輪のオーバーエージ(OA)枠での出場は「100%ない」(サッカー関係者)とはいえ、五輪メンバーが発表されるまで活躍した場合、メディアも面白がって「世界を知る本田は24歳以下の五輪代表に必要」などの論調で報じ、森保監督は雑音に難儀することだろう。

「そもそも本田がなぜアゼルバイジャンに移籍したのか、こんな事情が隠されているのです」と前出の関係者が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る