ソフトバンク自主的に無観客検討「損して得とれ」の皮算用

公開日: 更新日:

 長い目で見れば利益につながるということだ。

 18日、緊急事態宣言中の無観客を自主的に決めたソフトバンク。17日に孫正義オーナーが突然、ツイッターで「緊急事態宣言解除の日まで自主的に無観客試合とすることを検討したいと思います」と発言。球団内で協議をした結果、今回の判断となった。

 ソフトバンクはここまで5000人を上限とした観客制限で主催試合を行っていた。

 オーナーの指令ならば反対はできないだろうと思ったら、「実は指令ではないんです」とはソフトバンクの関係者だ。

「オーナーは、球団に対して『検討しろ』と言っただけ。無観客を決断したのは、あくまでも球団なのです。なので、払い戻しになるチケット代などについてオーナーや本社からの損失補填はありません。通常業務内でのリスクということになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    「ドラゴン桜」最終回“最強の助っ人”は誰だ!ガッキー、山P…大穴は仲間由紀恵

もっと見る