ロッテ佐々木朗希に地方公立校出身の壁…怪物でも伸び悩む

公開日: 更新日:

 覚えることは山ほどある。

 17日に登録抹消となったロッテ佐々木朗希(19)。16日の西武戦にプロ初登板初先発し、5回4失点という内容だった。井口監督は5盗塁を許したクイックなどを課題に挙げ、二軍で再調整させる方針だ。

 大船渡高(岩手)時代には高校生として最速の163キロを投げた「球界の至宝」と騒がれてはいるものの、まだ高卒2年目だ。育成に時間がかかること、課題が多いことは当然。一度、登録抹消して次に備えさせるのも織り込み済みだろう。

 ただ、佐々木の場合は過去に「怪物」と呼ばれた高卒投手たちよりもモノになるのに時間がかかるのではないか。

 2009年ドラフト1位で西武に入団した菊池雄星(マリナーズ)がいい例だ。佐々木と同じ岩手出身で、花巻東では甲子園に3度出場。MAX154キロ左腕として、メジャーからもオファーがあったほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る