鈴木誠也“カネより早期解決”は大正解 MLBロックアウト解除待たず「近く渡米」情報

公開日: 更新日:

「ロックアウトが終わり次第、すぐにチームを選択できるよう、近く渡米するプランがある」

 29日、ポスティングシステムでメジャー挑戦する鈴木誠也(27)に関してこう報じたのは米紙「ボストン・グローブ」(電子版)。同紙によれば、争奪戦はジャイアンツとマリナーズがリードしているそうだが、それはともかく、見逃せないのは早くチームを選べるように近く渡米する用意があるという点だ。鈴木はつまり、一日でも早く球団を決めたいようなのだ。

 ポスティングを利用する鈴木が球団選びにかけられる時間は1カ月。交渉が不可能なロックアウト期間中はカウントされないから、あと20日間も残っている。

 これまでポスティングを利用した日本人選手の多くは、1カ月間をフルに使った。代理人の意向もあるにせよ、期限ギリギリまで粘って、1ドルでも多くの契約を勝ち取ろうとした。

 しかし、近日中にも渡米するかもしれない鈴木はそうじゃない。ロックアウト以前に最大12球団とZoomで面談を行ったらしいが、まだ面談をやっていない球団もあるそうだし、直接交渉は皆無だ。近日中にも渡米したいのは、カネより何より一日も早く球団を決めたいという本人の意思の表れだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路