鈴木誠也に「100億円契約」の重圧…いつの間にやら膨れ上がった相場とその評価

公開日: 更新日:

 今オフ、ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す日本人外野手を巡って「場外戦」が展開されている。

 新労使協定が合意に達せず、全ての契約交渉を禁止するロックアウトに入り、中ぶらりんであるはずの鈴木誠也(27)のことだ。

 今夏の東京五輪では日本の4番を務め、金メダル獲得に貢献。その鈴木は早くからメジャー球団の注目を集めていた。代理人を務めるジョエル・ウルフ氏は11月下旬にオンライン会見した際、「興味を持っているのは8球団以上15球団未満」と、メジャーの半数近いチームと接触を図ったことを明かしている。

■ワールドシリーズ覇者が撤退

 当初、複数の米メディアはマリナーズ、レンジャーズ、ジャイアンツ、パドレスなど西海岸を本拠地とする球団が獲得に乗り出すと予想していたが、ロックアウトに突入した途端、なぜか東海岸の球団も加わった。

 米メディアの報道を総合すると、ヤンキース、レッドソックス、ブルージェイズのア・リーグ東地区の金満球団が鈴木争奪戦に加わったことで、市場価値は右肩上がりで高騰。カナダのメディア「スポーツネット」(電子版)は日本時間9日、鈴木の契約を総額55億円規模と予想していたが、ここにきて状況が変化した。獲得に乗り出すとみられていたブレーブスの地元アトランタのニュースサイト「スポーツトークATL」が、鈴木は100億円規模の契約を希望していると伝えたうえで、「これはブ軍が喜んで食いつくような金額ではない」と、今季ワールドシリーズを制したチームが撤退を余儀なくされたと報じている。いつの間にやら50億円といわれた相場は、一気に倍の100億円に膨らんでいるのだ。

遊撃や三塁も守れる

 金額だけではない。米スポーツメディア「the Score」によれば、鈴木獲得に動いているジャイアンツとマリナーズは、鈴木を内野のオプションとしてみている可能性があるそうだ。「この27歳は好みのポジションである右翼に加え、遊撃、三塁の経験もある」と報じた。本職の外野だけでなく、内野手としての起用についてもあり得るとしている。

 鈴木が遊撃を経験したのは、主に二軍にいた入団2年目まで。本人は遊撃に関して、「正直、通用しないという思いがあった」と当時を振り返っている。一軍の公式戦では1試合も実戦経験のない遊撃や三塁をいきなりメジャーで守るのは、さすがに無理があるというものだ。

■「日本のトラウト」

 ヤンキースの専門メディア「Bronx Pinstripes」は、現在のチームの課題は三振の多さ、パワーヒッターばかり、スピード不足だと指摘。鈴木を「日本のマイク・トラウト」と形容したうえで、「獲得すればすべての問題を解決できる」と報じている。

 トラウトといえば、エンゼルス・大谷の同僚でメジャーナンバーワンのスラッガー。過去にMVPを3度受賞、盗塁王も獲得し、走攻守と三拍子揃った外野手で、年俸は40億円近い。鈴木も打って守って走れる外野手には違いないものの、いまやメジャーを代表する野手にたとえられるほどその評価は独り歩きしている。

 さるア・リーグの関係者がこう続ける。

「当初は西海岸のチームによる争奪戦の様相だったのが、東海岸の老舗名門球団であるヤンキースとレッドソックスが加わったことで相場が一気にハネ上がった。西海岸のマリナーズやジャイアンツが外野だけでなく遊撃や三塁も守れるというのは、それだけ能力が高い選手として評価していると言いたいからで、東海岸の金満2球団に負けじと鈴木に秋波を送っているのでしょう。ヤンキースが目の色を変えている現状を考慮すれば、年俸と契約金の総額は本当に100億円を超えるかもしれません」

 ロックアウト期間中はメジャーのすべての移籍交渉が棚上げされるはずだ。しかし、鈴木の相場やその評価は、いつの間にやらうなぎ上り。「日本のトラウト」だから獲得には100億円が必要といったあんばいになっている。あるいは水面下で密かに、交渉が行われているのかどうか。

 いずれにせよ、メジャーでまだ一度もプレーしたことのない鈴木にとって、大きなプレッシャーになることは間違いない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  1. 6

    朗希の“歯車”は「開幕前からズレていた説」急浮上…メジャー挑戦どころじゃない深刻事態

  2. 7

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  3. 8

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  4. 9

    「Sの赤ちゃんをつくってみてはどうだ」元野球部長の法政大学教授による女性部員へのセクハラ事案が発覚!

  5. 10

    ドジャース投壊深刻…大谷はレッドソックス戦力外の“兄貴分”上沢直之獲得を進言できないか?

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント