元日本ハム中村勝がオリックスと育成契約 海外武者修行を経て復活した努力と根性

公開日: 更新日:

「去年、メキシコでだいぶ良くなって、(NPB復帰が)目標に変わっていった。ここがゴールじゃないんで、一歩一歩踏み出していきたい」

 1日、オリックスと育成契約を結んだ中村勝(30)が会見で自信をのぞかせた。

 春日部共栄(埼玉)から2009年ドラフト1位で日本ハムに入団し、14年は8勝2敗、防御率3.79と活躍した右腕。19年オフに退団すると、単身オーストラリアに渡り、語学学校に通いながら現地のプロチームでプレー。昨年2月はメキシカンリーグのグアダラハラ・マリアッチスと契約し、8勝無敗、防御率3.25の成績を残した。

 今年2月、オリックスのキャンプにテスト生として参加。日ハム時代のコーチである福良GM、かつてバッテリーを組んだこともある中嶋監督に評価され、育成といえど、NPBに舞い戻ることがかなった。

「日ハム時代は、とにかくケガに泣かされた」と球団OBは、こう続ける。

「かつては直球が130キロ台後半で、伸びのあるボールとタテに大きく割れるカーブが武器の軟投派投手。順調に成長していたが、17年に右ヒジを痛め、トミー・ジョン手術を行った。球団も長い目で見ていたものの、ケガの完治後も状態が上がらなかったのが、戦力外の理由です。ただ、当時から芯の強い選手でしたね。二軍暮らしが長く続いても、腐らず、絶対に愚痴を言わない。悔しい気持ちがあっても内に秘め、常に前を向ける強さがあった。さすがに海外で語学学校に通いながら武者修行をする根性の持ち主だったとは想像以上ですが……」

 トミー・ジョン手術が功を奏したか、メキシコ時代は直球が自己最速の148キロを計測。古巣に「逃した魚は大きかった」とじだんだを踏ませることができるか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 野球のアクセスランキング

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  3. 3

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  4. 4

    セクハラだけじゃない!前監督が覚悟の実名告発…法大野球部元部長、副部長による“恫喝パワハラ”激白180分

  5. 5

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  1. 6

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  2. 7

    大谷がいちいち「大袈裟に球を避ける」のは理由があった!弱点めぐる相手投手との暗闘の内幕

  3. 8

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…

  4. 9

    朗希の“歯車”は「開幕前からズレていた説」急浮上…メジャー挑戦どころじゃない深刻事態

  5. 10

    佐々木朗希の今季終了後の「メジャー挑戦」に現実味…海を渡る条件、ロッテ側のスタンスは

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方