著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

古江彩佳が前哨戦Vで全英女子OPはがぜん面白くなってきた 日本勢は相乗効果に期待

公開日: 更新日:

 LPGAツアー本格参戦1年目の古江彩佳が、先週の「スコットランド女子オープン」で初優勝を挙げました。それも首位と4打差9位タイ発進の最終日に10バーディーを奪う猛チャージ62での逆転劇です。

 大会は3日目が終わってトップから5打差までに15選手がひしめき、誰が勝ってもおかしくない展開でした。というのも、初日に降った雨の影響でグリーンはボールが止まりやすくなっていたからです。海沿いに広がるリンクスが舞台で、風が吹けばグリーンが硬くなり、グリーンからこぼれたボールはポットバンカーに吸い込まれます。

 しかし大会期間中に風が吹いたのは3日目、最終日の後半ぐらい。フェアウエーは硬くてボールが20、30ヤードも転がり、距離が出ない選手でも短い番手でグリーンにボールを止めることができ、バーディー合戦になりました。

 とはいえグリーンにはマウンドがあり、1、2メートルのショートパットでさえ傾斜に影響されやすく、ライン読みに苦労したプロはたくさんいました。

 古江の強みはショットもパットもターゲットに対してスクエアに構えられる点です。グリーン上ではフックなら右を向き、スライスなら左と、ラインにスクエアに構えるためストロークに緩みがなく、スムーズな転がりが光りました。ショットも重圧がかかった時に、利き腕が強くなることも、体の回転が悪くなることもなく、普段通りのプレースタイルを貫いたのが大きかったといえます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路