小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

横浜OB松坂大輔が絶賛 三重戦初回無死二塁のピンチ、杉山投手のバント守備は自らを助けた

公開日: 更新日:

 古巣・横浜(神奈川)のコーチとして甲子園に帯同している。

 9日の1回戦で対戦した三重のエース・上山颯太(3年)は映像より数段良かった。地方大会の配球は、スライダー、カーブ、チェンジアップといった変化球が多かったが、最速144キロの力のある直球で内角をどんどん攻めてきて、横浜打線は面食らっていた。

 そんな中、三回に1番・緒方漣(2年)の右中間適時二塁打で先制した。緒方は前日の練習まで打ち始める際にバットが寝てしまっていた。そうすると、ヘッドも下がり、調子を落としていた。だから、バットを立てるように矯正して試合に臨んだことが奏功した。

 横浜は2-1の八回2死から連続四死球で一、二塁とし、岸本一心(3年)の風に乗った右越え三塁打で2点を追加した。外野手の守備位置にも前進、中間、深めがある。左の3番打者でもあり、中間に近い所でよかったのに、三重の右翼手はかなり前に守っていた。中間なら右飛の当たりだった。そんな幸運もあって、横浜打線は4安打で4点を奪った。

 先発した2年生エース左腕・杉山遙希(2年)は初回に無死二塁のピンチを招いたものの、2番打者の三塁側へのバントを素早く処理して三塁で封殺。横浜OBの松坂大輔が「報道ステーション(テレビ朝日系)」でこのプレーを解説し、「ボクの時も、プロに行って困らないように本当に長い時間をかけて部長さん(私)に(フィールディングを)鍛えられました」と苦笑いしていた。まさにその通りで、これは私が重視しているプレー。杉山も嫌というほど練習を繰り返した。苦しい立ち上がりに自らを助けることになり、私もうれしかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声