「気骨稜々なり」火坂雅志著

公開日:  更新日:

■博多の町を商人の自治都市に

 博多で生まれ育った島井徳太夫(のちの宗室)は、17歳から朝鮮と行き来して茶道具を密貿易。おのれの才覚だけを頼りに商売を広げていく。しかし、永禄2年、21歳のときに徳太夫が釜山から戻ると博多の町は焼失していた。侍たちの勢力争いに巻き込まれることに嫌気がさした徳太夫は、博多を堺のように権力者たちに支配されない商人の町にしようと誓う。その目利きによって集めた最高の茶道具を武器に、九州の支配者、大友義鎮(宗麟)に気に入られ、御用商人の座を獲得。さらに信長や秀吉とも交わるようになる。

 秀吉の朝鮮出兵を命がけで阻止しようとした宗室の気骨の生涯を描く。
(小学館 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る