「47都道府県別日本の地方財閥」菊地浩之著

公開日: 更新日:

■滋賀県の多額納税者トップは「西川ふとん店」

 東京一極集中といわれはしても、日本全国にはそれぞれローカルな名門企業がある。本書は昭和8(1933)年の「全国多額納税者一覧」をもとに各県別に名家を洗い出し、それぞれの来歴を紹介している。たとえば岡山県の名家・大原家は倉敷にある大原美術館でも知られるが、岡山市の伊原木家は女子マラソンの強豪選手がそろう「天満屋」の創業家。

 先の「一覧」で神奈川県の2、3位となった原富太郎・善一郎は親子で、横浜の三渓園を造った美術コレクターの大富豪。福岡県の1位石橋正二郎と3位出光佐三はブリヂストンと出光興産の創業者だが、同県10位の麻生太吉は元首相・麻生太郎の曽祖父。地元では炭鉱業とセメント企業で知られた。

 近畿の三重県では真珠王・御木本幸吉が群を抜いていたが、滋賀県では「西川ふとん店」の西川甚五郎が1位。ただし実はランクに上がらない地方名家が旧大名家。明治維新後、彼らの多くは半強制的に東京移住を余儀なくされたため、納税地が東京だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る

人気キーワード