「47都道府県別日本の地方財閥」菊地浩之著

公開日:  更新日:

■滋賀県の多額納税者トップは「西川ふとん店」

 東京一極集中といわれはしても、日本全国にはそれぞれローカルな名門企業がある。本書は昭和8(1933)年の「全国多額納税者一覧」をもとに各県別に名家を洗い出し、それぞれの来歴を紹介している。たとえば岡山県の名家・大原家は倉敷にある大原美術館でも知られるが、岡山市の伊原木家は女子マラソンの強豪選手がそろう「天満屋」の創業家。

 先の「一覧」で神奈川県の2、3位となった原富太郎・善一郎は親子で、横浜の三渓園を造った美術コレクターの大富豪。福岡県の1位石橋正二郎と3位出光佐三はブリヂストンと出光興産の創業者だが、同県10位の麻生太吉は元首相・麻生太郎の曽祖父。地元では炭鉱業とセメント企業で知られた。

 近畿の三重県では真珠王・御木本幸吉が群を抜いていたが、滋賀県では「西川ふとん店」の西川甚五郎が1位。ただし実はランクに上がらない地方名家が旧大名家。明治維新後、彼らの多くは半強制的に東京移住を余儀なくされたため、納税地が東京だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る