• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あきれた公務員の貴族生活」若林亜紀著

■増税より公務員制度の改革を急げ

 消費税アップと同時に国家公務員の給与も昇給となり、増税分は昇給の原資に充てられるようなものだと著者は指摘する。公務員の給料・手当の実態を告発、さらなる増税の必要性を問う警世の書。

 内閣府の試算でも消費税を10%に増税し、経済成長2%と見込んだところで、財政は黒字にならず、借金は増える一方だという。なのに国家公務員の1人当たりの人件費は990万円に及び、キャリア官僚ともなれば退職金は5000万以上。官舎などでも厚遇された公務員のセレブぶりを暴露し、財政危機解消のために手を付けなければいけないのは増税よりも公務員制度改革だと説く。
(KKベストセラーズ 741円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る