「あきれた公務員の貴族生活」若林亜紀著

公開日: 更新日:

■増税より公務員制度の改革を急げ

 消費税アップと同時に国家公務員の給与も昇給となり、増税分は昇給の原資に充てられるようなものだと著者は指摘する。公務員の給料・手当の実態を告発、さらなる増税の必要性を問う警世の書。

 内閣府の試算でも消費税を10%に増税し、経済成長2%と見込んだところで、財政は黒字にならず、借金は増える一方だという。なのに国家公務員の1人当たりの人件費は990万円に及び、キャリア官僚ともなれば退職金は5000万以上。官舎などでも厚遇された公務員のセレブぶりを暴露し、財政危機解消のために手を付けなければいけないのは増税よりも公務員制度改革だと説く。
(KKベストセラーズ 741円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 10

    ウィーラー&高梨に続き オコエが楽天トレード“三の矢”に?

もっと見る