「利休の闇」加藤廣著

公開日:  更新日:

 秀吉はなぜ利休に切腹を命じたのか? 野上弥生子の「秀吉と利休」から山本兼一の「利休にたずねよ」に至るまで、あまたの作家がその謎に迫ってきたが、「信長の棺」で本能寺の変に関して大胆かつ斬新な視点を打ち出した著者が、新たにその謎を解き明かしていく。

 当初、茶事の師匠と弟子として付き合いが始まった千宗易(利休)と秀吉だが、その後秀吉が異例の出世を果たし、ついに関白豊臣秀吉となるに至って、2人の立場は逆転する。そして、かつては宗易の茶道に心服していた秀吉だったが、いまや茶道界の第一人者として頂点に上り詰めた利休が、わび茶という独自の美学を追究していくことに苛立ちを隠せなくなる。2人の亀裂はいつ始まったのか。そして断絶を決定的にした要因は何だったのか――。

 著者は、今井宗久と津田宗及という利休のライバルが記した「茶会記」を時系列で忠実に追うことでこの真相に迫っていく。「信長の棺」「秀吉の枷」で明かした秀吉の野望を巧みに取り込みながら歴史の闇に光を照らしていく手腕は見事。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る