「メガバンク絶滅戦争」波多野聖著

公開日:  更新日:

 物語の舞台は、東西帝都EFJ銀行。帝都グループの要である帝都銀行、外国為替専門の国策銀行を出自とした東西銀行、関西を地盤に全国展開していた大栄銀行と中部地方を基盤とする中京銀行が合併して出来たEFJ銀行が、金融庁主導でさらに合併して誕生したメガバンクだ。合併以来、帝都銀行がその主導権を握り、EFJ出身者は地方や子会社へ次々と飛ばされるなか、二瓶正平はEFJ出身者でありながら本店総務部内で生き残っていた。

 しかし上層部の判断で極秘に行われた5兆円40年債という超長期国債の購入と、その1週間後に起こった日本国債の暴落で破綻の危機に陥った銀行内で、修羅場の経験を買われて思わぬ抜擢を受ける。生き残りをかけて伝説的為替・債券ディーラー桂光義と共に、虎視眈々と買収を狙う外資ファンドや、米国の意のままに動く官僚に立ち向かうのだが……。

 国債暴落を発端としたメガバンク買収合戦を描いた経済エンターテインメント小説。野村投資顧問、クレディ・スイス投資顧問などで投資運用業務に携わった著者ならではのリアリティーが、読み手をぞくりとさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る