「メガバンク絶滅戦争」波多野聖著

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、東西帝都EFJ銀行。帝都グループの要である帝都銀行、外国為替専門の国策銀行を出自とした東西銀行、関西を地盤に全国展開していた大栄銀行と中部地方を基盤とする中京銀行が合併して出来たEFJ銀行が、金融庁主導でさらに合併して誕生したメガバンクだ。合併以来、帝都銀行がその主導権を握り、EFJ出身者は地方や子会社へ次々と飛ばされるなか、二瓶正平はEFJ出身者でありながら本店総務部内で生き残っていた。

 しかし上層部の判断で極秘に行われた5兆円40年債という超長期国債の購入と、その1週間後に起こった日本国債の暴落で破綻の危機に陥った銀行内で、修羅場の経験を買われて思わぬ抜擢を受ける。生き残りをかけて伝説的為替・債券ディーラー桂光義と共に、虎視眈々と買収を狙う外資ファンドや、米国の意のままに動く官僚に立ち向かうのだが……。

 国債暴落を発端としたメガバンク買収合戦を描いた経済エンターテインメント小説。野村投資顧問、クレディ・スイス投資顧問などで投資運用業務に携わった著者ならではのリアリティーが、読み手をぞくりとさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る

人気キーワード