「精鋭」今野敏著

公開日:  更新日:

 新人警察官、柿田亮は交番勤務。酔っぱらい、風営法違反の店、捨て猫、痴漢などへの対応に悪戦苦闘している。大学時代、ラグビー部で鍛えた体育会系。市民とかかわる中で、法律と社会常識、警察官の義務と個人の感情の狭間で判断に悩み、あれこれ考えてしまう真面目な青年でもある。

 走力を買われて警視庁の駅伝大会に出場したときは、ムチャクチャな走りで何とかタスキをつなぎ、そのまま失神するほどのガッツを見せた。

 そんな柿田は、上司のすすめで機動隊を志望、厳しい訓練の日々に突入する。柔道の朝練、完全装備での訓練に加えて、苦手な射撃を克服するために近代五種部にまで入部する。

 つらいことだって「どうってことないよ」と思えばできる。のんきでどこまでも前向き。がむしゃらに訓練についていき、機動隊の中の特殊急襲部隊SATの訓練生になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る