「千日のマリア」小池真理子著

公開日:  更新日:

 短編の名手として知られる著者が、9年の歳月をかけてつづった珠玉の最新短編集。収録されているのは、「過ぎし者の標」「つづれ織り」「落花生を食べる女」「修羅のあとさき」「常夜」「テンと月」「千日のマリア」「凪の光」の8編。各短編には、心を寄せていた男を自殺で失った女、亡き母の秘密の恋を知った娘、父親の愛人に恋心を抱いた男、振った女が20年前のまま妄想の中で自分を待っていることを知った男、離婚した夫の訃報を聞いた女、夫が残した田舎のペンションを閉め東京に戻る決心をした女、高校の同級生と再会した女、などが登場する。

 表題作「千日のマリア」は、義母の起こした車の事故で、左手首から先を切断した男・秀平が主人公。自暴自棄になり、義母にわがままを尽くしたあげく許されざる関係を結ぶが、なぜそこで救いを得て人生をやり直すことになったかの経緯を、義母の葬儀の日に回想するという物語だ。死ぬまでの時間の中で、遭遇したやるせない出来事を、人はどのようにしのいで生きていくのか。大人の男と女が心の中に密かに抱えている思いを優しく見せてくれる。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る