「千日のマリア」小池真理子著

公開日: 更新日:

 短編の名手として知られる著者が、9年の歳月をかけてつづった珠玉の最新短編集。収録されているのは、「過ぎし者の標」「つづれ織り」「落花生を食べる女」「修羅のあとさき」「常夜」「テンと月」「千日のマリア」「凪の光」の8編。各短編には、心を寄せていた男を自殺で失った女、亡き母の秘密の恋を知った娘、父親の愛人に恋心を抱いた男、振った女が20年前のまま妄想の中で自分を待っていることを知った男、離婚した夫の訃報を聞いた女、夫が残した田舎のペンションを閉め東京に戻る決心をした女、高校の同級生と再会した女、などが登場する。

 表題作「千日のマリア」は、義母の起こした車の事故で、左手首から先を切断した男・秀平が主人公。自暴自棄になり、義母にわがままを尽くしたあげく許されざる関係を結ぶが、なぜそこで救いを得て人生をやり直すことになったかの経緯を、義母の葬儀の日に回想するという物語だ。死ぬまでの時間の中で、遭遇したやるせない出来事を、人はどのようにしのいで生きていくのか。大人の男と女が心の中に密かに抱えている思いを優しく見せてくれる。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る