「悲嘆の門」(上・下) 宮部みゆき著

公開日:  更新日:

 物語の主人公はネット監視会社でサイバー・パトロールのアルバイトをする大学1年生・三島孝太郎。サイバー・パトロールとは、ネット上に存在する犯罪に結びつきそうな書き込みを発見する仕事なのだが、大学生活に熱が入らなかった孝太郎はこのアルバイトにやりがいを感じ始めていた。

 そんなある日、死体の一部を切り取る殺人事件が次々と発生。さらに西武新宿線の沿線付近のホームレスがいつのまにか姿を消していることも話題となり、ホームレス狩りをする中高生のサイトをチェックしていた孝太郎の先輩・森永が、連続失踪事件ではないかと言い始めて調査を開始する。ところが、その森永までが失踪してしまった。行方を捜し始めた孝太郎は、バブル期にもてはやされて、その後廃虚となったビルに行きつき、そこで恐ろしい怪物に遭遇する……。

 本書は、ベストセラー「英雄の書」と同じ設定で描かれたミステリー長編小説。「英雄の書」とは別に単独で読んでも楽しめる。ファンタジーの要素が多く盛り込まれており、ネット時代の言葉について考えさせられる内容となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る