講談社「吉川英治文庫賞」新設

公開日:  更新日:

■小説の主戦場は「文庫本」に

 近年ますます、単行本よりも文庫本の方が圧倒的に売れる傾向が強まっているそうだ。某出版社では「他社の単行本でぜひ文庫本にしたい作品があれば、文庫編集部までご一報を!」と、書籍編集部のみならず営業部や経理部に至るまで全社的に募っているという。

 実業之日本社は、同社の文芸誌「月間ジェイ・ノベル」で連載していた東野圭吾作「白銀ジャック」(2010年)を単行本化せずにいきなり文庫本で出版し、発売から1カ月余りで累計100万部を記録して話題を呼んだ。単行本出版から3年ほどで文庫化する、という従来の常識を覆すこの手法は「いきなり文庫」と呼ばれ、同社の成功をもとに出版業界全体の流行となった。

 講談社では、宮部みゆき作「おまえさん」(2011年)を、単行本と文庫本を同時に発売。ブームの火付け役となった実業之日本社は、その後、文庫本書き下ろし作品として東野圭吾作「疾風ロンド」(2013年)を出版した。業績不振が続く出版業界のなかで、文庫本は頼みの綱となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る