講談社「吉川英治文庫賞」新設

公開日:  更新日:

■小説の主戦場は「文庫本」に

 近年ますます、単行本よりも文庫本の方が圧倒的に売れる傾向が強まっているそうだ。某出版社では「他社の単行本でぜひ文庫本にしたい作品があれば、文庫編集部までご一報を!」と、書籍編集部のみならず営業部や経理部に至るまで全社的に募っているという。

 実業之日本社は、同社の文芸誌「月間ジェイ・ノベル」で連載していた東野圭吾作「白銀ジャック」(2010年)を単行本化せずにいきなり文庫本で出版し、発売から1カ月余りで累計100万部を記録して話題を呼んだ。単行本出版から3年ほどで文庫化する、という従来の常識を覆すこの手法は「いきなり文庫」と呼ばれ、同社の成功をもとに出版業界全体の流行となった。

 講談社では、宮部みゆき作「おまえさん」(2011年)を、単行本と文庫本を同時に発売。ブームの火付け役となった実業之日本社は、その後、文庫本書き下ろし作品として東野圭吾作「疾風ロンド」(2013年)を出版した。業績不振が続く出版業界のなかで、文庫本は頼みの綱となっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る