「民族でも国家でもなく」李鳳宇、四方田犬彦著

公開日: 更新日:

 在日2世の李氏と、70年代に軍事政権下のソウルに滞在経験がある四方田氏。長年、交流を続けてきた2人が、近年の険悪な日韓関係を見据えながら話し合う対談集。

 国籍は「僕にとっては、利便性を優先した個人の認証でしかない」と語る李氏は、最近、仕事上の都合で日本の国籍取得を考えているという。その国籍取得を通して、国家保安法を維持して在外韓国人にまでそれを適用する韓国の抱える矛盾に一石を投じたいと。

 そうした在日韓国人と韓国人の関係から、在日社会を目の敵にする「在特会」の活動、北朝鮮との向き合い方、さらに映画についてなど。縦横無尽の話題を語りながら、世界を変えるためにはお互いにどうすればよいのかを考える。(平凡社 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  9. 9

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  10. 10

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

もっと見る

人気キーワード