「民族でも国家でもなく」李鳳宇、四方田犬彦著

公開日:  更新日:

 在日2世の李氏と、70年代に軍事政権下のソウルに滞在経験がある四方田氏。長年、交流を続けてきた2人が、近年の険悪な日韓関係を見据えながら話し合う対談集。

 国籍は「僕にとっては、利便性を優先した個人の認証でしかない」と語る李氏は、最近、仕事上の都合で日本の国籍取得を考えているという。その国籍取得を通して、国家保安法を維持して在外韓国人にまでそれを適用する韓国の抱える矛盾に一石を投じたいと。

 そうした在日韓国人と韓国人の関係から、在日社会を目の敵にする「在特会」の活動、北朝鮮との向き合い方、さらに映画についてなど。縦横無尽の話題を語りながら、世界を変えるためにはお互いにどうすればよいのかを考える。(平凡社 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る