あと数年でテレビの見方はこう変わる

公開日: 更新日:

「ネットフリックスの時代」西田宗千佳著/講談社現代新書

 テレビを囲んで家族が人気のテレビドラマを一緒に見る。50年続いてきたお茶の間の風景が、もうすぐ一変する。その未来の姿を目に映してくれるのが、本書だ。

 アメリカの定額制ビデオ・オン・デマンド(SVOD)最大手のネットフリックスが、日本上陸を果たした。料金は見放題で、月額650円から。

 それで、国内外の映画、ドラマ、アニメからオリジナルコンテンツまでが、見放題になる。又吉直樹氏の「火花」も映像化されるという。SVODだから、時間にしばられずに、好きな時間に見ることができる。それだけではない。ネットフリックスは、テレビだけでなく、PCやタブレット、スマホなどで、同じアカウントで見ることができるのだ。

 もちろん、この黒船来襲を国内企業が指をくわえて見ているわけではない。NTTドコモとエイベックスのdTV、日本テレビ傘下のHulu、TSUTAYAなどが、すでに同様のサービスを導入して、対抗しようとしている。その戦いを著者は詳しく紹介しているのだが、長年デジタル分野で取材を積み重ねてきただけに、説明が具体的で、臨場感がある。しかも分かりやすいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  10. 10

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

もっと見る

人気キーワード