あと数年でテレビの見方はこう変わる

公開日: 更新日:

「ネットフリックスの時代」西田宗千佳著/講談社現代新書

 テレビを囲んで家族が人気のテレビドラマを一緒に見る。50年続いてきたお茶の間の風景が、もうすぐ一変する。その未来の姿を目に映してくれるのが、本書だ。

 アメリカの定額制ビデオ・オン・デマンド(SVOD)最大手のネットフリックスが、日本上陸を果たした。料金は見放題で、月額650円から。

 それで、国内外の映画、ドラマ、アニメからオリジナルコンテンツまでが、見放題になる。又吉直樹氏の「火花」も映像化されるという。SVODだから、時間にしばられずに、好きな時間に見ることができる。それだけではない。ネットフリックスは、テレビだけでなく、PCやタブレット、スマホなどで、同じアカウントで見ることができるのだ。

 もちろん、この黒船来襲を国内企業が指をくわえて見ているわけではない。NTTドコモとエイベックスのdTV、日本テレビ傘下のHulu、TSUTAYAなどが、すでに同様のサービスを導入して、対抗しようとしている。その戦いを著者は詳しく紹介しているのだが、長年デジタル分野で取材を積み重ねてきただけに、説明が具体的で、臨場感がある。しかも分かりやすいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  4. 4

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る