青春がしみじみよみがえる読後感

公開日: 更新日:

「東大駒場寮物語」松本博文著(KADOKAWA 1800円+税)

 ボロイ、汚い、薄暗いのネガティブ要素満載とされた東京大学駒場キャンパスに2001年まで存在していた寮の歴史と、そこに住んでいた人々が織り成す数々の珍事件やバンカラ騒動を、しんみりとした筆致で記したノンフィクションである。「オレたちの税金で安く住みやがって、このクソ特権階級東大生どもめ!」といった感覚を持つ方もいるかもしれないが、そう言わずに本書を読んでいただきたい。というのも、今のオッサン、爺さんが経験したような古き昭和のバンカラ学生生活が、そこには描かれているからだ。

 東大というバイアスを持つことなく読み続ければ、「オレにもこんな時代があったなぁ……」と懐かしがる感覚を抱けるだろう。印象的なシーンを紹介する。駒場の商店街にあった寮生御用達のそば屋「山口屋」が量を減らしたり、値上げをした時のエピソードだ。
〈寮内では「山口屋対策委」という、大仰な名前の委員会が立ち上げられた。委員会は寮生にアンケートを取って、その結果をもとに山口屋と交渉する。山口屋の店主は、さぞびっくりしたことだろう。その結果、値段やボリュームは、以前のままに戻った〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

もっと見る

人気キーワード