パソナ迎賓館で竹中平蔵が寄り添う和服女性

公開日: 更新日:

「日本を壊す政商」森功著/文芸春秋/1500円+税

 アベノミクスなどというものは株価を上げるためだけのデタラメなものだったことが明らかになった。その宣伝マンの代表がパソナ会長の竹中平蔵である。これだけ株価が下がっても、この“舌屋”(舌先だけで言いくるめて商売する輩)は何のかんのとリクツをつけるのだろう。

「パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」を追ったこの本にASKA事件で有名になった「パソナグループ」の迎賓館「仁風林」で開かれた琴のコンサートの場面が出てくる。

「この曲は、桜の命の儚さを表現しています」

 マイクを握って、こう説明を始めたのが竹中だった。奏者は世界的な筝曲家として知られる西陽子である。和服姿の西に寄り添い、竹中が一曲一曲解説していく。

 竹中が琴に詳しいのかは知らないが、ちょっと首をひねりたくなる組み合わせだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る