パソナ迎賓館で竹中平蔵が寄り添う和服女性

公開日: 更新日:

「日本を壊す政商」森功著/文芸春秋/1500円+税

 アベノミクスなどというものは株価を上げるためだけのデタラメなものだったことが明らかになった。その宣伝マンの代表がパソナ会長の竹中平蔵である。これだけ株価が下がっても、この“舌屋”(舌先だけで言いくるめて商売する輩)は何のかんのとリクツをつけるのだろう。

「パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」を追ったこの本にASKA事件で有名になった「パソナグループ」の迎賓館「仁風林」で開かれた琴のコンサートの場面が出てくる。

「この曲は、桜の命の儚さを表現しています」

 マイクを握って、こう説明を始めたのが竹中だった。奏者は世界的な筝曲家として知られる西陽子である。和服姿の西に寄り添い、竹中が一曲一曲解説していく。

 竹中が琴に詳しいのかは知らないが、ちょっと首をひねりたくなる組み合わせだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  7. 7

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る

人気キーワード