やっぱり住む場所で人生変わるのだ

公開日: 更新日:

「東京どこに住む? 住所格差と人生格差」速水健朗著/朝日新書

 昨今「地方創生」やら「移住ブーム」などと言われることもあるが、人が集まる「東京」のパワーの強さについて「田舎者が書いた都市礼賛本」である(あとがきより)。著者は石川県出身で、現在東京在住。

 いかにして都市からいろいろなものが生まれるかや、家賃が高いのになぜ、わざわざ千代田区に住むのかといった話を多面的な取材と文献から読み解いていく。また、著者本人も含め、住む場所によりいかにして人生が変わるのかや、ビジネスが成功するのかといった観点から「住所」を論じる。登場する言葉で納得したのが、都市における「正の外部性」という話だ。

 都市にいて、多くの人と接することにより、さまざまなメリットが生まれるという説である。それこそ、恋愛だったりアイデアだったりするわけで、それはやはり多くの人が集まることによって生み出されるものだと指摘する。また、IT企業・ヤフーが在宅勤務を禁止したことや、会社から2駅以内に住めば家賃補助をするサイバーエージェントなどが紹介される。

 インターネットがあれば、わざわざ顔を突き合わせる必要もないし、満員電車に乗る必要もない。いいことずくめではないか! そういった話はネット時代になってからは多分に喧伝されてきた。しかし、いまだに通勤ラッシュもあるし、会社でも「会議室がなかなか取れません……」みたいな状況は多い。結局都市(というか東京一極集中)の利点は存在し続けているのだ。消費者庁が徳島に移る計画を立てているというが、本当にそれでうまくいくのか?本書を読むとそれは疑問に感じる。

 本書の優れた点は、さまざまな文献を検証し、そこに書かれている本を読みたくさせるところにもある。たとえば、アルビン・トフラーは、1980年に大ベストセラー「第三の波」を書いた。ここでは、現在の情報チップが各種家電や車に組み込まれること、「農業回帰」「オリジナルTシャツがはやる」といった細部にわたる予言が当たっていたという。だが、「都市が衰退する」という予言は外れていたと著者は指摘する。

 このようなブックガイドとしての機能も持ち、さらには米・ニューヨークやポートランドの最新事情も網羅しており、現在の自分が住んでいる場所は果たして幸せな人生をもたらしてくれるのか? を立ち止まって考えさせるきっかけを与えてくれるのだ。

★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る