「これからの死に方 葬送はどこまで自由か」橳島次郎著

公開日:  更新日:

 生命倫理の専門家が、社会の変化とともに多様化する日本人の葬送について考察したテキスト。

 かつては、親族と近隣による共同体的人間関係が死を送る習俗を担っていたが、業者に任せるようになり、古い習俗は簡略化され、現在の慣習的な葬式が定着した。90年代になると火葬され墓に入るという一般化した葬法に疑問を抱き、海や山への散骨などの自然葬を求める活動が始まり、これらが市民権を得るようになった。

 一方で、現在も土葬は可能なのかとか、堆肥となって自然にかえるフリーズドライ葬などの新しい弔い方も紹介。安楽死といった死の迎え方から葬送の方法まで、現代人はどこまで死に関して自由が認められるのかを論じていく。(平凡社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る