• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「これからの死に方 葬送はどこまで自由か」橳島次郎著

 生命倫理の専門家が、社会の変化とともに多様化する日本人の葬送について考察したテキスト。

 かつては、親族と近隣による共同体的人間関係が死を送る習俗を担っていたが、業者に任せるようになり、古い習俗は簡略化され、現在の慣習的な葬式が定着した。90年代になると火葬され墓に入るという一般化した葬法に疑問を抱き、海や山への散骨などの自然葬を求める活動が始まり、これらが市民権を得るようになった。

 一方で、現在も土葬は可能なのかとか、堆肥となって自然にかえるフリーズドライ葬などの新しい弔い方も紹介。安楽死といった死の迎え方から葬送の方法まで、現代人はどこまで死に関して自由が認められるのかを論じていく。(平凡社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る