「これからの死に方 葬送はどこまで自由か」橳島次郎著

公開日: 更新日:

 生命倫理の専門家が、社会の変化とともに多様化する日本人の葬送について考察したテキスト。

 かつては、親族と近隣による共同体的人間関係が死を送る習俗を担っていたが、業者に任せるようになり、古い習俗は簡略化され、現在の慣習的な葬式が定着した。90年代になると火葬され墓に入るという一般化した葬法に疑問を抱き、海や山への散骨などの自然葬を求める活動が始まり、これらが市民権を得るようになった。

 一方で、現在も土葬は可能なのかとか、堆肥となって自然にかえるフリーズドライ葬などの新しい弔い方も紹介。安楽死といった死の迎え方から葬送の方法まで、現代人はどこまで死に関して自由が認められるのかを論じていく。(平凡社 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る

人気キーワード