「鴨長明-自由のこころ」鈴木貞美著

公開日: 更新日:

 東日本大震災の折、多くの人が再び「方丈記」を手にしたという。本書は、その方丈記と歌論書「無名抄」、そして仏教にまつわる伝承を編んだ「発心集」の3作を読み解きながら、著者である鴨長明の謎に包まれた実像に迫り、その世界観が現代人の心に響く理由を考察する古典読み物。

 京都・賀茂御祖神社(下鴨神社)の神職の子として生まれた鴨長明は、父方の祖母の家を継ぐため家を出て琵琶と和歌の道に進む。神職の道を早々に断念、そして継ぐはずだった祖母の家も出た鴨長明は、50歳近くになって、新古今和歌集編纂の動きの中で一躍歌人として認められる。その生い立ちまでさかのぼり、「数寄」の心や独自の仏教思想がどのように培われたのかを探る。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る

人気キーワード