• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鴨長明-自由のこころ」鈴木貞美著

 東日本大震災の折、多くの人が再び「方丈記」を手にしたという。本書は、その方丈記と歌論書「無名抄」、そして仏教にまつわる伝承を編んだ「発心集」の3作を読み解きながら、著者である鴨長明の謎に包まれた実像に迫り、その世界観が現代人の心に響く理由を考察する古典読み物。

 京都・賀茂御祖神社(下鴨神社)の神職の子として生まれた鴨長明は、父方の祖母の家を継ぐため家を出て琵琶と和歌の道に進む。神職の道を早々に断念、そして継ぐはずだった祖母の家も出た鴨長明は、50歳近くになって、新古今和歌集編纂の動きの中で一躍歌人として認められる。その生い立ちまでさかのぼり、「数寄」の心や独自の仏教思想がどのように培われたのかを探る。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る