「『ル・モンド』から世界を読む」 加藤晴久著

公開日:  更新日:

 敗戦60周年の夏、フランスのテレビが、サイパン島陥落の際、米軍が説得工作で多くの日本人を救ったことを紹介した。「ル・モンド」では仏独共同経営のチャンネルが放送したドキュメンタリーを推奨している。

 第1部では、マッカーサーの前で、重光外相と南京大虐殺の責任を問われた梅津参謀総長が降伏文書に調印している。第2部では「戦時の歳月を沈黙の地中に埋めて再建に邁進する日本」を描く。日本人の忘れてはならない歴史を描いたドキュメンタリーをフランス人が見ている。日本のメディアも私たちを啓蒙する責任を果たしてほしいと著者は言う。

 日本ではほとんど報道されない「ル・モンド」の記事を紹介。(藤原書店 3200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る