「『ル・モンド』から世界を読む」 加藤晴久著

公開日:  更新日:

 敗戦60周年の夏、フランスのテレビが、サイパン島陥落の際、米軍が説得工作で多くの日本人を救ったことを紹介した。「ル・モンド」では仏独共同経営のチャンネルが放送したドキュメンタリーを推奨している。

 第1部では、マッカーサーの前で、重光外相と南京大虐殺の責任を問われた梅津参謀総長が降伏文書に調印している。第2部では「戦時の歳月を沈黙の地中に埋めて再建に邁進する日本」を描く。日本人の忘れてはならない歴史を描いたドキュメンタリーをフランス人が見ている。日本のメディアも私たちを啓蒙する責任を果たしてほしいと著者は言う。

 日本ではほとんど報道されない「ル・モンド」の記事を紹介。(藤原書店 3200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る