「幕末の女医、松岡小鶴」門玲子編著

公開日:  更新日:

 日本の民俗学の父・柳田国男、画家・松岡映丘の祖母、松岡小鶴は、江戸時代にまだ珍しかった女医だった。養子の夫を父に離縁され、父の死後、医業を継いだ。女性には珍しく多くの漢詩を残しているが、ナメクジと対話する作品もある。

「うねうね腹這って生涯を終えるまでに、一尺も動くだろうか」とからかうと、ナメクジは「洪鑢我に賦う些かの形と気 人神機と喚も我焉んぞ知らんや(万物を造り出す天の大きな溶鉱炉が、私にこの小さな形と気を与えた 人はこれを神の働きと言うが、私がどうしてそれを知ろうか)」と答える。

 ユーモラスだが哲学的な漢詩を書いた女医の生涯と作品を紹介する。(藤原書店 3200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る