「ラスト・ウェイ・アウト」フェデリコ・アシャット著 村岡直子訳

公開日: 更新日:

 周到に計画した通りに自殺をするために、テッドが自宅の書斎で銃口を頭に向けたそのとき、呼び鈴が鳴る。立ち去るのを待つが、訪問者はなぜかテッドの名前を呼びかける。不審を抱きながらドアを開けると、リンチと名乗る美青年が立っていた。

 リンチは、テッドが何をしようとしていたかを知っており、ある取引を持ちかけてきた。恋人殺しの罪を逃れた男の処刑と、テッドと同じように自殺を志願する男の夢をかなえてやれば、テッドもその輪に入り、殺人の被害者として人生を終えることができるという。残される家族のショックを和らげるため、テッドはリンチの申し出を受ける。

 連続する謎が読者を迷宮へと誘うアルゼンチン発の奇書。(早川書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る

人気キーワード