「ラスト・ウェイ・アウト」フェデリコ・アシャット著 村岡直子訳

公開日:  更新日:

 周到に計画した通りに自殺をするために、テッドが自宅の書斎で銃口を頭に向けたそのとき、呼び鈴が鳴る。立ち去るのを待つが、訪問者はなぜかテッドの名前を呼びかける。不審を抱きながらドアを開けると、リンチと名乗る美青年が立っていた。

 リンチは、テッドが何をしようとしていたかを知っており、ある取引を持ちかけてきた。恋人殺しの罪を逃れた男の処刑と、テッドと同じように自殺を志願する男の夢をかなえてやれば、テッドもその輪に入り、殺人の被害者として人生を終えることができるという。残される家族のショックを和らげるため、テッドはリンチの申し出を受ける。

 連続する謎が読者を迷宮へと誘うアルゼンチン発の奇書。(早川書房 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る