「城主になった女井伊直虎」梓澤要著

公開日:

 明年のNHK大河ドラマの主人公の生涯と、彼女が生きた時代背景を解説した歴史読み物。

 井伊直虎は、戦国時代の遠江国(静岡県西部)の領主・井伊直盛の娘として生まれる。当時の遠江は、三方から狙われ、まさに乱世の真っただ中にあった。長じて、婚約者が今川氏に命を狙われ破談になった直盛の娘は出家して「次郎法師」を名乗るようになる。その後も、今川義元、氏真に当主や重臣を相次いで死に追い込まれ、平安時代から500余年続いていた井伊家は滅亡の危機に。永禄8(1565)年、次郎法師は、前当主の遺児・虎松の後見人として直虎を名乗り、城主となる。列強の狭間で領地を守り、後世へとつないだ女性の激動の人生を描く。(NHK出版 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る