「クレオ」ヘレン・ブラウン著、服部京子訳

公開日:

 レナの家で黒い子猫を見た長男のサムは、誕生日のプレゼントにこの猫が欲しいと言った。子猫が大きくなる2月の中旬にもらうことになったが、その前にサムが車にひかれて死んだ。まだ9歳だった。悲しみを抱え込んでいたとき、レナが子猫を連れてやってきた。猫なんて飼えないと思ったのに、次男のロブが言った「ようこそ、クレオ」。そしてクレオが獲物を狙うライオンのようにお尻を左右に振ってゴムの木に突進し、葉っぱに噛みついた時、「わたし」とロブは笑い声を立てた。数週間ぶりの笑いだった。

 息子を亡くした母が生活に子猫が入ってきたことで立ち直っていく姿を描いたノンフィクション。(A&F 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る