「クレオ」ヘレン・ブラウン著、服部京子訳

公開日:

 レナの家で黒い子猫を見た長男のサムは、誕生日のプレゼントにこの猫が欲しいと言った。子猫が大きくなる2月の中旬にもらうことになったが、その前にサムが車にひかれて死んだ。まだ9歳だった。悲しみを抱え込んでいたとき、レナが子猫を連れてやってきた。猫なんて飼えないと思ったのに、次男のロブが言った「ようこそ、クレオ」。そしてクレオが獲物を狙うライオンのようにお尻を左右に振ってゴムの木に突進し、葉っぱに噛みついた時、「わたし」とロブは笑い声を立てた。数週間ぶりの笑いだった。

 息子を亡くした母が生活に子猫が入ってきたことで立ち直っていく姿を描いたノンフィクション。(A&F 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る