「クレオ」ヘレン・ブラウン著、服部京子訳

公開日: 更新日:

 レナの家で黒い子猫を見た長男のサムは、誕生日のプレゼントにこの猫が欲しいと言った。子猫が大きくなる2月の中旬にもらうことになったが、その前にサムが車にひかれて死んだ。まだ9歳だった。悲しみを抱え込んでいたとき、レナが子猫を連れてやってきた。猫なんて飼えないと思ったのに、次男のロブが言った「ようこそ、クレオ」。そしてクレオが獲物を狙うライオンのようにお尻を左右に振ってゴムの木に突進し、葉っぱに噛みついた時、「わたし」とロブは笑い声を立てた。数週間ぶりの笑いだった。

 息子を亡くした母が生活に子猫が入ってきたことで立ち直っていく姿を描いたノンフィクション。(A&F 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る