「クレオ」ヘレン・ブラウン著、服部京子訳

公開日: 更新日:

 レナの家で黒い子猫を見た長男のサムは、誕生日のプレゼントにこの猫が欲しいと言った。子猫が大きくなる2月の中旬にもらうことになったが、その前にサムが車にひかれて死んだ。まだ9歳だった。悲しみを抱え込んでいたとき、レナが子猫を連れてやってきた。猫なんて飼えないと思ったのに、次男のロブが言った「ようこそ、クレオ」。そしてクレオが獲物を狙うライオンのようにお尻を左右に振ってゴムの木に突進し、葉っぱに噛みついた時、「わたし」とロブは笑い声を立てた。数週間ぶりの笑いだった。

 息子を亡くした母が生活に子猫が入ってきたことで立ち直っていく姿を描いたノンフィクション。(A&F 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

もっと見る