「老乱」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 主婦の雅美は、裁判所が徘徊中に列車にはねられて死亡した認知症の男性の遺族に賠償金の支払いを命じたという新聞記事を読んで青ざめる。78歳の義父・幸造は一人暮らしで、他人事とは思えないからだ。そんなとき、危惧していたことが起きる。鉄道会社から連絡があり、幸造が線路に立ち入ったというのだ。

 認知症の発症を疑う雅美は、検査を受けさせたい。渋る夫の知之を説得して幸造の家を訪ねた雅美は、台所のあちこちに認知症の予兆を感じる。しかし、知之は会話のやりとりから、心配することはないという。一方の幸造は、久しぶりに訪ねてきた息子夫婦が認知症を疑っていることに気づき、不愉快でならない。

 医師作家が老い衰えることの現実と家族との関係を描いた認知症小説。(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る

人気キーワード