「老乱」久坂部羊著

公開日:

 主婦の雅美は、裁判所が徘徊中に列車にはねられて死亡した認知症の男性の遺族に賠償金の支払いを命じたという新聞記事を読んで青ざめる。78歳の義父・幸造は一人暮らしで、他人事とは思えないからだ。そんなとき、危惧していたことが起きる。鉄道会社から連絡があり、幸造が線路に立ち入ったというのだ。

 認知症の発症を疑う雅美は、検査を受けさせたい。渋る夫の知之を説得して幸造の家を訪ねた雅美は、台所のあちこちに認知症の予兆を感じる。しかし、知之は会話のやりとりから、心配することはないという。一方の幸造は、久しぶりに訪ねてきた息子夫婦が認知症を疑っていることに気づき、不愉快でならない。

 医師作家が老い衰えることの現実と家族との関係を描いた認知症小説。(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る