「老乱」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 主婦の雅美は、裁判所が徘徊中に列車にはねられて死亡した認知症の男性の遺族に賠償金の支払いを命じたという新聞記事を読んで青ざめる。78歳の義父・幸造は一人暮らしで、他人事とは思えないからだ。そんなとき、危惧していたことが起きる。鉄道会社から連絡があり、幸造が線路に立ち入ったというのだ。

 認知症の発症を疑う雅美は、検査を受けさせたい。渋る夫の知之を説得して幸造の家を訪ねた雅美は、台所のあちこちに認知症の予兆を感じる。しかし、知之は会話のやりとりから、心配することはないという。一方の幸造は、久しぶりに訪ねてきた息子夫婦が認知症を疑っていることに気づき、不愉快でならない。

 医師作家が老い衰えることの現実と家族との関係を描いた認知症小説。(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  3. 3

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

もっと見る